3D HYBRID COAT

おはようございます。

寒い日が続きますね・・・

こうも寒いと洗車が辛い・・・ですよね 笑

私は20年以上、毎日何台も洗車をしてきたので慣れと言うか日課みたいなものなので

苦にはなりませんが・・・それにしても寒い 笑


洗車したいけど寒いしな〜・・・

そんな時はお任せ下さい!コーティング施工車未施工車問わず大歓迎です!


さて、前回のブログで当店で使用しているコーティング剤について、少しお話しさせて頂きましたがもう少し詳しくお話しさせて頂きます。


当店でのフラッグシップモデル『3D HYBRID COAT』、おすすめは?と聞かれるともちろんこちらをお勧めします。


このコーティングの特徴としまして、『無溶剤・超撥水・三次元骨格と柔軟性』

なんじゃそりゃ?となりますよね 笑

無溶剤・超撥水はともかく、三次元骨格?柔軟性?


ガラス皮膜の組織が複雑な三次元構造で構成されています。超撥水性能と深い艶感、防汚・耐候・耐酸などの各種性能はこの特殊な三次元骨格を以って形成されています。

さらに皮膜硬度は敢えて高硬度ではなく、柔軟性を持たせてあります。

これは近年の車の塗装、自己修復型の柔らかい塗装に対応する為です。

硬ければいい!と言う意見が多数かと思われますが、硬いだけだと伸び縮みする塗装には対応しきれないと言うのがメーカーさんの考えるところなんでしょう。


そのほか、深い艶感と強い撥水性・耐久性・耐シミ性・耐酸性・純度の高さからくる造膜性はピカイチだと思っております。


特に酸性クリーナーを使用しても撥水性能が失われない。(一液性で皮膜自体に撥水性を持たせてあり、その皮膜自体に耐酸性を持たせてますので)この性能は本当に良いものだと実感しております。

他の撥水皮膜をトップコートに付与するタイプはほとんどがコーティング自体が剥がれてしまいますから。某メジャーな◯ー◯ーコーティングもミネラルなんとかと言う溶剤を出してシリカスケールのみを除去できると謳っておりますが、成分に撥水成分が入っておりますので真意の程はいかがなものかと・・・。    否定はしませんけどね。


コーティングをしても日々の洗車を怠ったり、あらぬ事態でシリカスケールが付着してしまった!なんてことはもちろんあると思います。その事態にどれだけ対応できるか。と言うところもコーティングの性能・特徴・選ぶ時の決め手になるんじゃないかと思います。


1回目のブログでもお話ししましたが。ガラスコーティングを施工していても汚れます。少しずつでも蓄積されて排水性能の妨げになり、日々の洗車を怠るとそれが目に見えて強固なシリカスケールなどの形となって現れます。

なので綺麗を保ちたいと言う意識は忘れないでほしいです。意識の違いで全然変わってくると思いますので。

コーティング施工車でも日々の洗車は大切です。

ただ皆様にも諸事情があり時間が取れなかったりするのも事実です。

なので精一杯の綺麗のお手伝いをさせて頂きます。


話が脱線してしまいましたね 笑


何が言いたいのかと申しますと、

『3D HYBRID COAT』これ本当に良いものです。

皆様にも実体感して頂ければと思っております。


より詳しくはメーカーのリンクを貼っておきますので、お目を通して頂ければ!


https://3d-hybrid.com


それでは良い週末を!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 久しぶりの投稿です(^_^;) この時期、花粉に悩まされている方は沢山いらっしゃると思われます。 皆さんは花粉対策はどのようにされてますか? あの水垢とも違う独特な花粉のシミ。 嫌ですよね・・・ まずは花粉がどのようにしてボディーに付着するのかを説明致します。 花粉は水に濡れると殻が破れ、中のペクチンという成分が出てきます。 そのペクチンが塗装にダメージを与えるんです。 塗装表面に付