top of page

花粉対策

こんにちは。

久しぶりの投稿です(^_^;)


この時期、花粉に悩まされている方は沢山いらっしゃると思われます。

皆さんは花粉対策はどのようにされてますか?


あの水垢とも違う独特な花粉のシミ。

嫌ですよね・・・

まずは花粉がどのようにしてボディーに付着するのかを説明致します。


花粉は水に濡れると殻が破れ、中のペクチンという成分が出てきます。

そのペクチンが塗装にダメージを与えるんです。

塗装表面に付着するだけならまだしも、ペクチンは塗装内部へと侵食していきます。

その侵食したペクチンが乾いていくと収縮し塗装組織が引っ張られ、塗装をも収縮させてしまいます。


こうなると研磨作業だけでは除去できません。

ペクチンは熱に弱いので80度以上の熱を一定時間与えると組織が分解されて消えていきます。方法としては、


80度以上の熱湯を流し続ける。

ヒートガンを使用する。

夏場まで待つ。


では、花粉が付かないようにするには・・・まめに洗車!

それもかなりの頻度で(^_^;)

この時期は雨が降って濡れたボディーが乾かないうちに洗車して、花粉を洗い流してしまいましょう!これしかありません!!!

とは言え、限界がありますよね。


時期的なものなので割り切ってしまえば、夏になると自然と消えてしまいますので、

今すぐにでも綺麗にしたいと言う方でなければ夏まで待つのも良いかもしれません。


どちらにせよ、まめに洗車するのはダメージの軽減、深刻化を抑える手段にもなります。

コーティング施工車だと施工してない車より花粉が付きにくいですが、付かない訳ではないのでご注意を!


これからの季節、だんだんと紫外線も強くなってきますし気温も上がってきます。

洗車時の水道水の乾きには十分注意してください。


もうすでに花粉痕が気になる方はお気軽にご相談ください。


もっと早くにお伝えしたかったのですが、バタバタしていてなかなか更新できませんでした(>人<;)


大切なお車にも、花粉症の方にも嫌な季節ですが、

対策などしっかりとして乗り越えていきましょう!!!(私も花粉症です( ; ; ))


それではまた!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023 明けましておめでとう御座います。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 と言うことで 2023年新しい年の幕開けです。 昨年は少しずつ皆様にOne polishを知ってもらえてきたかな!? と言うような年でした。 ちらほらお問合せのお電話なども頂いたり。 それでも十分に認知されてはいないので、今年はもっとたくさんの方達に One polishを知ってもらえるように努めさせて頂きます。 小さ

bottom of page